中国ドラマ「海上牧雲記 〜3つの予言と王朝の謎」のあらすじ・ストーリー_コンテンツメニュー_格安 DVD-ドラマDVD,格安DVD販売専門店!

取扱いタイトル数国内最大級!格安のDVD販売
(ドラマ.映画.バラエティー)

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 中国ドラマ「海上牧雲記 〜3つの予言と王朝の謎」のあらすじ・ストーリー

中国ドラマ「海上牧雲記 〜3つの予言と王朝の謎」のあらすじ・ストーリー

格安 DVD / 2019-10-11

海上牧雲記 〜3つの予言と王朝の謎

九州海上牧雲記「第6皇子が帝王の剣を握る時、この世に災いが訪れる。そして、将軍家の三男は帝王になるだろう―」

 
九つの州が天下に存在する世界。皇帝一族である牧雲家が世界の頂点に君臨する端朝は、無敵の軍隊・穆如鉄騎を擁する穆如家の守護とともに300年間続いていた。だが、星読みが両家に生まれた息子に関する予言をしたことで、確固たる関係が揺らぎ始める。
 
魅族の母から生まれ、呪われし宿命を持つとされた第6皇子・牧雲笙は、幼少の頃から宮中の片隅に孤独に幽閉されており、母の形見の透明な珠の中にいる魅族の女に心を奪われていた。一方、予言を聞いた父親によって生後間もなく町に捨てられ、自分の姓さえ知らずに育った穆如家三男の穆如寒江は、ある出来事により養生していた宮中で牧雲笙に出会う。二人と同じ頃に瀚州北部で生まれ育った少年・碩風和葉の一族は、掟に背いた制裁として穆如鉄騎に皆殺しにされる。虐殺からは免れるも奴隷商人に捕まった和葉は闘奴となっていた。
 
皇帝の兄である宛州の鄴王・牧雲欒とその息子・牧雲徳は、九州各勢力と密謀し勢力を強め、朝廷転覆と皇位簒奪を狙っていた。そんな中、鄴王の裏工作が功を奏し、瀚州の八大部族が朝廷に叛旗を翻す…。
 

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha