韓国ドラマ「飛べ小川の竜」のオンライン制作発表会に出席_コンテンツメニュー_格安 DVD-ドラマDVD,格安DVD販売専門店!

取扱いタイトル数国内最大級!格安のDVD販売
(ドラマ.映画.バラエティー)

現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > 韓国ドラマ「飛べ小川の竜」のオンライン制作発表会に出席

韓国ドラマ「飛べ小川の竜」のオンライン制作発表会に出席

格安 DVD / 2020-10-28

 ドラマ「飛べ小川の竜」(原題)のオンライン制作発表会が開かれた中、クァク・ジョンファン監督と俳優クォン・サンウ、ペ・ソンウ、キム・ジュヒョン、チョン・ウンインが出席した。

 
「飛べ小川の竜」は、濡れ衣を着せられた被害者の声を世界に代弁する、2人の男の熱い物語。持っているものは1つもない高卒の国選弁護士と、文章力だけで上り詰めた記者による、世の中をひっくり返す逆転劇が、愉快さとスリルたっぷりに描かれる。ドラマ「ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?~」や「補佐官」シリーズを通じて、深みのある演出力を披露したクァク・ジョンファン監督と、執筆を担当する脚本家のパク・サンギュのタッグに期待が高まる。
 
演出を務めた監督はもちろん、出演俳優らがドラマ「飛べ小川の竜」へ期待を寄せた。ハイライト映像だけ見ても面白いという。
 
飛べ小川の竜
 
「飛べ小川の竜」はみんなが不可能だと思っていた再審事件を素材にした作品で、濡れ衣を着せられた司法被害者の声を世の中に代弁する2人の男の熱いストーリーを盛り込んだドラマだ。
 
不合理な世の中に痛快なパンチを飛ばす2人の“小川の竜(田舎から出てきた大物を指す言葉)”に変身する、クォン・サンウとペ・ソンウの出会いに注目が集まっている。クォン・サンウは、高卒の国選弁護士であるパク・テヨン役を演じる。島の葬儀屋の息子として生まれ、その後、弁護士になった彼は、心強いコネもそれらしいスペックもないが、正義感を武器に、人々に対する共感能力だけはずば抜けている人物だ。
 
クォン・サンウは虚勢や野心もあるが、正義感と情熱で厳しい戦いを始めるパク・テヨンに扮し、キャラクターの魅力を最大限に引き出す。映画「ヒットマン エージェント:ジュン」、ドラマ「推理の女王」などで、人間味あふれるコミカルな演技で好評を得たクォン・サンウ。彼は今回のドラマで「国選弁護士のパク・テヨンという役どころで皆さんに挨拶できることになって光栄だ」とし、「素晴らしいスタッフたちと素敵なドラマを作るために努力するので、多くの期待と応援をお願いしたい」と感想を明かした。

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha